1か月前に、相続関係のご依頼を受けました。

お母様がお亡くなりになり、遺産分割協議書に弟様の印が必要なので、住所を確定するために、「戸籍の附票」を請求するお仕事です。

 

弟様とは、小さい時に生き別れ、住所は不明です。

愛媛⇒愛媛⇒東京⇒新潟と転籍され、次は富山です。

短期間にこれだけ転籍されるかたは珍しいです。

住所変更と同時に本籍地変更もされるようです。

 

家系図作成の戸籍取得は、委任状を使用しますが、相続関係は行政書士の「職務上請求書(通称 統一用紙)」を利用します。家系図と異なり、相続関係なら傍系の戸籍も取得できます。

 

最近は減りましたが、昔は興信所の下請けで統一用紙を悪用して処分された行政書士もいたようです。

 

富山で最終であることを祈っております。

更新:2022年09月04日