正絹黄土地鳳凰唐草緞子
家系図譜

現代では、ほとんど博物館でしか見ることのできない日本古来の「和綴じ製本」を採用しました。

さらに、表紙は「正絹(しょうけん:ピュアーシルク)」の威厳のある文様を配し、まさに「わが家の家宝」となります。

金額168,000円(税込)


資料請求・お問い合わせ
正絹黄土地鳳凰唐草緞子家系圖譜

調査範囲

一家系

父方または母方1家系

父方または母方のいずれかの名字をたどります。
現在のご家族から概ね江戸時代末期のご先祖様まで過去の実績では40~50名様のご先祖様を記載

表紙の素材

正絹緞子織

正絹緞子織
しょうけんどんすおり

正絹(ピュアーシルク)素材を繻子織(しゅすおり)地に繻子織の裏組織で模様を織り出した織物。多くの場合、経糸と緯糸にそれぞれ色の違う練り糸を使って、五枚繻子で地と模様を織り出すもので、厚地で光沢があり、どっしりとした高級感がある。金箔や金糸を用いて模様を織り出す金襴と並んで、高級織物の代名詞)

表紙の文様

黄土地鳳凰唐草緞子
おうどぢほうおうからくさどんす

大切なご先祖様の記録、最高の素材である正絹の装丁に仕上げ、高級桐箱に納めました。最近では手にすることが少なくなった「正絹の手触り」をお確かめください。黄土色の地に花が咲き、霊長鳳凰(ほうおう)が飛び回る世界を織り込んでいます。黄土色の黄は宇宙を構成する「青赤黄白黒」五色の色(五行説)の中心にあり世界の中心を象徴するものとして中国や仏教の世界で最重要視されてきました。

飛鳥時代から伝わる唐草の円形文様に、鳳凰を配した繁栄と安定を表す文様です。鳳凰は宇治平等院鳳凰堂(10円硬貨の模様)で知られる伝説上の鳥です。麒麟、亀、龍とならぶ四霊のひとつで最高級緞子にふさわしい文様です。

保管用桐箱

保管用桐箱

桐は軽くて加工しやすく、湿気を寄せ付けないために、琴や下駄、箪笥、文箱などに昔から用いられて来ました。

中国では鳳凰が棲むとされ、これが日本に伝わり天皇の衣装に桐竹鳳凰文様を配すようになり、やがて桐は皇室の替紋となります。

このように桐の箱は抜群の防湿効果と仕上がりの美しさから箱の最高品となりますが、注意も必要です。桐の字が「木と同じ」と書くとおり、桐は「木のように大きくなる草」と考えられていました。余りにも成長の早い桐はもろくて壊れやすくなります。最近では良質の桐が少なく、中国南方系の成長早い桐が多く出回っています。見ただけでは区別がむずかしく、長期に渡って大切な文章を保管する文箱には、良質の桐材で作った箱を用いることが大切です。

最近では、国産の桐さえも良質のもの少なくなりました。私たちは、大切な家系図ために「品質のよい北の国(カナダ産)の桐」にこだわり保管用の箱を作りました。接合部分は接着剤ではなく、昔ながらの「竹釘」を使用しました。どうか丁寧な作りをお確かめください。

製作期間

受注後、約10週間から12週間。

約4週間をめどに中間報告を行います。ご先祖様の転籍の回数により調査期間の長短が発生します。


正絹黄土地鳳凰唐草緞子家系図譜

正絹黄土地鳳凰唐草緞子
家系図譜

資料請求・お問い合わせ