23日(木)に論語普及会主催の「論語活学研修会」に参加しました。 講題「本(もと)を忘れず、末を乱さず」 株式会社河幸 山路卓司会長の講話でした。 (1)社長の息子であれば社長になれるが経営者ににはなれない。 (2)先人が築いてくれた舞台で、有頂天になっている裸の王様。 (3)我が命の元である両親への感謝が、社員さんへの感謝に繋がる。 (4)全てを受け入れることから、環境が変化する。 (5)人の喜びを我が喜びとする経営 講題 「論語を活かす」 目黒泰禪 論語普及会会長   「学而第一」を会場の全員で素読し、詳しい解説をした頂きました。 お二人とも、先祖への敬愛に繋がるお話で、ストンと腹に落ちました。 2万円家系図論語活学研修会
更新:2023年02月27日